犬の毛皮を染める方法

犬の毛皮を染色することは、パーティーのために犬の毛皮を染色したい場合でも、単にヘアスタイルを変更したい場合でも、彼らに注意を向けたり、お祝い事のためにドレスアップしたりする楽しい方法です。 しかし、犬の毛皮を染色する際には、染料の種類から染色方法まで、考慮すべきことがたくさんあります。 安全で刺激のない染料を選択すると、あなたの犬が幸せでカラフルになります。 犬の髪の染料について知っているほど、犬を不快にしたり害を及ぼす可能性が低くなります。

適切な染料の選択

適切な染料の選択
人間の髪の染料は避けてください。 人間向けに設計された染毛剤には、犬に有毒で皮膚に害を及ぼす化学物質が含まれている可能性があります。 犬のpH皮膚バランスは人間とは異なるため、犬の快適性と安全性を確保するには、人間の染毛剤を避けることが不可欠です。 代わりに、自然に見つかる代替染料を探してください。 染料の合成が少ないほど、犬にとってより良い染料になります。 [1]
適切な染料の選択
傷や皮膚の炎症を探します。 治癒中の傷や皮膚の炎症がある場合は、犬の毛皮を染色しないでください。 犬の毛皮を染めると、さらに炎症が起こり、さらに深刻な感染症を引き起こす可能性があります。 染料の塗布を始める前に、犬の身だしなみや傷の治癒を確認しながら犬の体をチェックしてください。
適切な染料の選択
永久染料の使用は避けてください。 永続的な染料を犬の毛皮に使用すると、ほとんどの場合、犬の健康に害を及ぼす可能性のある化学物質が含まれているため、害を及ぼす可能性があります。 永久染料は、犬の毛皮や皮膚に損傷を与えるだけでなく、犬が身だしなみを整えるため、深刻な健康リスクをもたらす可能性があります。 [2]
  • 永久的な染料から半永久的な染料まで、あなたの犬の毛皮を染色するための多くの選択肢があります。
適切な染料の選択
食用食品を使用してください。 犬が食べても安全な食用食品は、薄い染毛剤を生成します。 これらの染料はさまざまな方法で作ることができます 、新鮮な野菜の搾汁から煮沸脱水まで。 しかし、多くの果物に含まれる砂糖は、犬の毛皮をベタつく原因となる可能性があり、軽度の皮膚刺激を引き起こす可能性もあります。 糖度の低い野菜や果物にこだわるようにしてください。 [3]
  • ニンジン、ビート、ほうれん草のような野菜、またはウコンのようなスパイスを使ってみてください。[4] X研究ソース
  • 果物の染料は試して回避する必要がありますが、多くの場合、最も鮮やかな色を生成します。 ジュースから作られた染料を薄くするか薄めて、皮膚への刺激を避けてください。
  • 食用食品から作られたほとんどの染料は永久的であり、一週間以内に消え始めるでしょう。
適切な染料の選択
自然食品の着色を試してください。 自然食品着色料はほとんどすべてのスーパーマーケットで購入でき、一般的に有害な化学物質は含まれていません。 一部の食用色素は、長年にわたって毎日混雑している場合に健康への悪影響に関連付けられている人工色素で作られています。 しかしながら、これらの染料は、犬の毛皮を染色する際に使用される場合、問題を引き起こすべきではない。
  • インドの木のような不要な人工着色料を避けるために、すべての天然有機食品着色料を使用してみてください。
  • 食品の着色は半永久的で、食用食品から作られた染料よりも長く色を保持します。
適切な染料の選択
犬にやさしい染毛剤を購入。 ペットショップとオンラインベンダーの両方で利用できるいくつかの犬に優しい髪染料があります。 ペットの染毛剤は、スプレーからジェル、チョークまであり、ほとんどが有害な化学物質の使用を避けています。 犬に優しい染毛剤は、刺激を抑えてより永久的に染色するための一般的な最良の選択肢です。
  • PetPeriのように、犬向けの染毛剤をブランド別に購入してみてください。
適切な染料の選択
サロンにご相談ください。 犬の毛づくろいと治療に完全に専念している多くのハイエンドまたはブティックのサロンがあります。 これらのサロンには、多くの場合、犬の毛皮を染色するための多くのオプションがあり、その多くはより長く保持され、より永続的です。 犬に優しく、犬に害を与えたり刺激を与えたりしない染毛剤について必ず尋ねてください。 ほとんどの犬サロンは、色のにじみや色の深さなど、染色工程に含まれるさまざまな要素をチェックするために装備されます。 [5]
  • 「犬に優しい染毛剤はありますか?」のような質問をします。 「あなたの染毛剤は私の犬がそれらを摂取するならば有害であるかもしれない成分を含んでいますか?」 または「あなたの髪の染料はどのくらいパーマですか?」

染料の塗布

染料の塗布
彼らの毛皮を洗ってください。 シャンプー付きのお風呂で犬の毛皮を洗ってください。 体全体に濃い泡を作り、すすぎます。 洗い終わったら、タオルで乾かして、毛皮を少し湿らせます。 湿った毛皮は、完全に乾いた毛皮よりも効果的に染料を保持します。 [6]
  • 犬の毛皮用に特別に設計されたシャンプーを使用します。
染料の塗布
犬の目に軟膏を塗ります。 特に目の周りや顔の毛皮を染色する場合は、無菌の眼軟膏を犬の目に塗ってください。 眼科用軟膏は、目を刺激する色素を防ぐのに役立ち、色素が必ず目に入る場合は感染の可能性を減らします。 [7]
  • どこに染色するかに関係なく、軟膏を使用することは良い考えですが、尾のような体の最小限の部分を染色する場合は、それは必須ではありません。
  • 各軟膏には、犬の目に軟膏を適用するための一連の指示が付属しています。
染料の塗布
染料を混ぜる。 自家製の染料を使用している場合は、水と混ぜてスプレーボトルに入れる必要があります。 あなたが日を使用しているように水の半分の量を使用してください。 1カップの染料を使用している場合は、半カップの水を使用する必要があります。 ほとんどの店で購入した染料は、あなたに混合とアプリケーションの指示を与えます。
染料の塗布
毛皮をとかすかブラッシングします。 犬がきれいになり、比較的乾いたら、櫛またはブラシを使用して、毛髪染料を塗布するための毛皮を準備します。 染める予定の部分を櫛でブラッシングして、毛皮をまっすぐにし、染料ができるだけ均等に塗られるようにします。 髪の毛がよく磨かれるほど、染毛剤を均一に塗ることが簡単になります。
染料の塗布
目的の領域に均一に染料を適用します。 食品着色料や食品から作られた染料を塗る場合は、染料を水と混ぜてスプレーボトルで塗る必要があります。 ヘアチョークは犬の毛皮に直接こすり付けることができますが、ボトルの染料は手袋を使って手で塗る必要があります。 ただし、染料を塗布する場合は、犬の毛皮が斑点にならないように均一に塗布してください。 セカンドコートで覆う前に、必ず、死んでいる領域全体をカバーしてください。 [8]
  • 購入するほとんどの染料には、犬の毛皮に染料を適用するための指示とベストプラクティスが付属しています。
染料の塗布
乾かします。 染料が固まるように、犬の毛皮を乾かします。 乾いた染料と湿った染料のどちらを使用したかによって、犬の毛皮をさまざまな時間乾かす必要があります。 チョークのような乾燥した染料は、セットする前に数分だけ放置する必要がありますが、スプレーされた染料は約15〜20分間放置する必要があります。 低い設定でヘアドライヤーを使用すると、犬の乾燥時間を短縮できます。
染毛剤を購入したい場合、どのサロンが適していますか?
お近くのPetSmartにアクセスします。 彼らはあなたの犬にしたい任意の色であなたの犬の毛皮を染めます。
犬の頭を剃るにはどうすればよいですか?
誤って犬を傷つけると、二度とあなたを信頼することがなくなるので、あなたは非常に注意する必要があります。 あなたが本当にこれをすることに心を決めているなら、専門家を取得することは本当に最善です...
これは茶色の毛皮を持つ犬で動作しますか?
それはあらゆる色の髪で動作します。
pfebaptist.org © 2020